臨時福祉給付金(経済対策分)


ページ番号 1009143 更新日  平成29年10月25日


臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は終了しました

当市での臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は8月31日(木曜日)をもって終了しました。

臨時福祉給付金(経済対策分)を装った電話やメールによる「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」、類似する給付金の支給を装った不審なサイトにお気を付けください!

特殊詐欺への誘導や個人情報詐取の可能性があります。

・市区町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
・ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
・市区町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給するために、手数料の振込を求めることは絶対にありません。
・市区町村や厚生労働省の職員をかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの市区町村や警察署または警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。
当市の申請受付期間は4月17日(火曜日)から8月31日(木曜日)までとなっており、既に終了しています。

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

消費税率の引き上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方々に対して、制度的な対応を行うまでの間の暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金(経済対策分)を支給します。

基準日

平成28年1月1日

支給対象者

基準日に市内に住民登録がある方で、平成28年度臨時福祉給付金(3,000円)の支給対象者である方。

※平成28年度臨時福祉給付金を実際に受給したか否かは問いません。

平成28年度臨時福祉給付金の支給要件

※平成28年1月1日から支給決定までに亡くなられた方は、支給の対象にはなりません。

支給額
1人につき1万5千円
申請期間
平成29年4月18日(火曜日)から平成29年8月31日(木曜日)

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方が事情により、平成28年1月1日以前に今お住いの市区町村に住民票を移すことができていない方は手続きをしていただくことで次のような措置が受けられます。

  1. 配偶者からの暴力を理由に避難している方が手続きを完了した後に、配偶者等から代理申請がなされた場合、配偶者等に対して手続きを行った方の臨時福祉給付金(経済対策分)は支給しません。
    ※配偶者からの暴力を理由に避難している方が手続きを完了する前に、配偶者等から代理申請がされ支給が完了している場合は除きます。
  2. 住民票がある市区町村と今お住まいの市区町村が異なる場合は、今お住まいの市区町村に臨時福祉給付金(経済対策分)の支給の申請を行うこととなります。

関連情報

このページに関するお問い合わせ


総務部 総務課 臨時福祉給付金担当
電話:042-470-7863
〒203-8555
東京都東久留米市本町3-3-1


[0] 東久留米市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright(C)Higashikurume city.All rights reserved.