学童保育所の学校の特別教室等の活用について


ページ番号 1009747 更新日  平成29年11月1日


平成29年10月より新たに1校で開始します

近年、学童保育所を利用したい児童が増加しており、本市においても待機児童が発生しております。児童青少年課では、学童保育所の待機児童の解消をめざし、学校の特別教室等の活用に向けて小学校と協議を進めてまいりました。平成29年3月以降、5校で活用を開始しておりますが、新たに1校のご協力を得て、10月より下記の6校で特別教室等を活用します。該当する学童保育所では、学童保育所の所舎と、学校の特別教室等の両方で育成支援してまいります。

平成29年3月 金山学童保育所 第六小学校
平成29年7月 南沢第一・第二学童保育所 第五小学校
  くぬぎ第一・第二学童保育所 第九小学校
  小山学童保育所 小山小学校
 

南町学童保育所

南町小学校
平成29年10月 神宝学童保育所 神宝小学校

 

特別教室等の運用について

※学童保育所の児童の入所状況や職員配置その他の事情により、今後運用方法を変更する可能性もございますので、ご承知おきください。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ


子ども家庭部 児童青少年課 児童青少年係
電話:042-470-7735
〒203-8555
東京都東久留米市本町3-3-1


[0] 東久留米市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright(C)Higashikurume city.All rights reserved.